HOME » 事業計画書策定
なぜ事業計画を立てるのでしょうか?

「事業計画は、開業前に、自分の成功イメージ・考えを明確に整理するために策定する」 というのが一番重要な回答でしょう。

実際開業すると、目の前の日々の業務に追われ、ゆっくりと時間を取って自分の事業を見つめられないものです。

「何のために事業を行うのか」・「自社は何屋か」
「会社がどうなれば幸せなのか」「いつまでに何をどうするのか」「リスクはどこにあるのか」など、
開業前にどれだけ多くのことを考えられるかが成功の要因の一つになります。「計画はしょせん計画。どうせその通りにはいかない。絵に描いた餅。」
こんなことを言って事業計画を立てない方がいらっしゃいます。

確かにそうです。計画通りにはいきません。
でも、
業績(数字)を測定すると、業績は改善することができるようになります
業績(数字)を報告すると、業績が加速します。

ダイエットをしようと思えば、、

ダイエットをしようと思えば、目標の体重数値・方法を定めて、毎日体重計に乗って現状把握して、報告する体制をとれば、体質が改善しやすいでしょう。

ここで、計画を立てていれば、「計画通りに行っていないこと」がわかるのです。

もし一切事業計画を立てずに走り出せば、 「うまく行っているかどうか」もわからないのです。 「そんなことあるはずない」と思うかもしれません。 特に、数字に出てこない部分、例えば商品の質やライバルとの関係などは、自分が思っていた通りにいっていたかどうかがわからなくなるのです。

事業計画は原点です。

ときどき立ち止まって事業計画に立ち戻り、自分が進んでいる道が 正しいかを確認しなければいけないのです。

また、事業計画がはっきりしていないと出資をしてくれる人を説得することができません。

実際多くの起業家は自分の貯金以外では、親族お金を借りて 会社を興すケースが多くあります。 場合によっては金融機関から融資を受けて始めることもあります。

このような場合に事業計画がないと貸す方としては安心して貸せません。

金融機関であれば、

金融機関であれば、事業計画のない会社に融資はしてくれないでしょう。

ここまで読んでいただいた方には事業計画をたてる重要性が伝わったものと思います。

しかし事業計画をそんなに難しく考える必要はありません。 気軽に事業計画を立て始めて、立てながら何度も修正していけばよいのです。

また作り出して始めて見えてくることも多いでしょう。 輝かしい幸せ計画の第一歩として、ぜひ、ご相談下さい。


鈴木健哲税理士事務所

鈴木健哲税理士事務所
名古屋市守山区大森二丁目2029
所長鈴木健哲 愛知県豊川市生まれ
名古屋税理士会  名古屋北支部所属
税理士番号104575

書籍
「儲かる会社の経営者は会社の未来を数字で読み解く」
HPよりお問合せ頂いた方、メルマガ登録された方に、書籍を無料プレゼント中!

お役立ち情報

リンク集
当サイトはリンクフリーです。 また、当サイトと相互リンクして頂けるサイトを募集中です。
2